玄関の上がりかまちで苦労していたら?リフォームで調整しよう

玄関の段差は何センチ?

「玄関の上がりかまちで苦労している」という人も多いですよね。家の玄関は何センチの段差があるでしょうか?地域によっても違いますが、多いのは35センチほどの段差が1段、あるいは小縁付きという形で2段になっている家ですね。新しい家は20センチ以下という家もありますが、土間から40センチほどの式台といわれるところで腰掛けてから、もう1段上がるという家もありますね。玄関は上り下りの動作をしますが、靴を脱いだり履いたりといった動作もありますよね。

どんな玄関なら安全?

どのような玄関なら安全なのでしょうか?脚が上がらなくて苦労している人は、1段の段差が10センチ程度になるように土間に台を置いて調整すると、体力が落ちても長く使うことができますよ。段差が大きいと段数が増えますが、下りるときの恐怖心が小さくなりますので、そのほうが随分ラクになると言いますね。また、台の端を踏んで転倒したという話もよく耳にしますよね。リフォームをするときには、台は必ず固定するようにしましょう。

台をつくるスペースがないときは?

玄関が狭く、台を作ると靴を置くスペースがないという人もいますよね。そんなときには、引き出し式で靴を収納できる踏み台もありますよ。狭い玄関の場合には、上がりかまちに手すりを1本取り付けるだけでも随分ラクになりますね。丈夫な下駄箱がつかまりやすい場所にあれば、手すり代わりに利用してもよいでしょう。また立ったまま靴を履くことが不安な人は、掛けるスペースを設けるか、家にある椅子を置くようにしてもいいですね。

住宅の築年数が古くなってくると、住宅の設備も老朽化によりリフォームが必要になってきます。特に水回りは大事なので、多摩地域の水回りのリフォームを立川で依頼すれば安心できます。