壁を綺麗にしよう!リフォーム時の外壁塗装の3ステップ

ステップ1!下地を作ろう

外壁塗装がそろそろ古くなってきたしリフォームする歳、どのように塗装されるのか知らない人も多いでしょう。まずその手順として最初に下地調整材をぬることから始まります。長年雨や風などにさらされることによって外壁にオウトツが出来てしまっています。それらを丁寧に削ずり平らにします。外装を平らに整えたら、次に下地をぬることになります。塗装をする際は数回重ねて塗りますが、次にぬる塗装がしっかり密着できるよう下地を固める作業になります。

ステップ2!中塗をしよう

下塗り終了し乾燥がおわったら、次のステップとして中塗作業に入ります。この段階でな模様をつけたりたりする工程になります。他には外壁に弾力性を持たせたり、断熱性を持たせるための工程になります。この作業では、外壁に対して機能的な付加価値をつける作業になりますね。中塗のステップですが、基本的には2回行われます。1回目が終了後よく乾燥させた後、1回目と同じ工程ももう一度行います。リフォーム内容や希望によっては塗る回数を増やすこともできますよ。

ステップ3!上塗りをして仕上げよう

最終ステップとして上塗り作業が行われます。この工程では、塗装の変色や変形を防いだり劣化などを起こしにくくするなど、耐候性を持たせる工程になります。他にも遮熱性などももたせ夏などの冷房の負荷を減らすためには重要な工程といえますね。この上塗りの段階では色々な特性を持たせることができるため、用途に合わせて塗料の種類を選ぶとよいでしょう。上塗りの工程ですが、基本的には2回行われます。模様をつける場合は中塗で行いますが、塗料の種類によっては上塗りの段階で模様をつける場合もありますよ。

素晴らしい仕上がりの外壁塗装にするなら年間施工件数が多く信頼できる場所にしましょう。外壁塗装を千葉でするのが一番です。