省エネルギー基準への適合が義務に!新築住宅のこれから

新築住宅の新しい省エネルギー基準

今、新築住宅を建てる場合の、省エネルギーに関する法制度が、大きく変わろうとしています。その第一段階が、今年の4月に施行された、新しい省エネルギー基準です。この新しい省エネルギー基準では、住宅も含めたすべての建物の省エネルギー性能を、断熱性能と設置機器のエネルギー効率という二つの面から、総合的に評価して、エネルギー消費量で表示するようになりました。これによって、新築住宅を建てる人は、その住宅がどのぐらいのエネルギーを消費するかという観点で、建物の性能を評価することができるようになりました。

建物の省エネルギーに関する新しい法律

新築住宅の省エネルギー基準が整備されていくのとあわせて、それを運用する法律の枠組も、大きく変わりつつあります。これまで、建物の省エネルギーに関する規制は、省エネルギー法という法律で規制されていました。しかし今後は、省エネルギー基準も含めて、建築物の省エネルギーに関する規定はすべて、新たにつくられる法律のもとに統合されることになります。つまり新しい法律は、新築住宅を含めたすべての建築物の省エネルギー化を促進するための法律という位置づけになるのです。

省エネルギー基準への適合の義務化

新たにつくられる建築物の省エネルギーに関する法律では、大規模建築物は、省エネルギー基準への適合は義務化されますが、現段階では、新築住宅については、そうした義務化の規定はありません。しかし、2020年までには、すべての新築建物で、省エネルギー基準への適合を義務化するという方針が、すでに決まっています。新築住宅については、どのようなかたちで義務化するかはまだ決まっていませんが、今後、支援制度とあわせて実施するかたちで、基準への適合率を高めながら、義務化へと進んでいくものとみられています。

草加市で新築一戸建てをご希望ならば、工務店が数多く存在していますので安心です。施工例を参考にしながら、各工務店を比較しましょう。