快適な生活環境が魅力!人気の角部屋とは?

構造上、音の悩みが軽減

賃貸集合住宅で、人気なのが角部屋です。これは、文字通り建物の角に位置しており、一番端にある部屋ということになります。人気の理由の一つとしては、部屋の一辺が他の部屋と接していないため、その分隣人の生活音などが少ないということです。また、端という位置関係から、部屋の前の廊下を通る人も限られてくるため、足音などに悩まされることもありません。内側に階段がついているタイプの建物であれば、このメリットは大きくなります。

日がよく当たり、風がしっかり入る

他の部屋に接していない一辺は、基本的に窓が設置されることが多いです。ですので、日当たり風通しがよく、これが住環境に大きな好影響を与えます。採光が十分にできることは、部屋の明るさを増し、あたたかい雰囲気の部屋を演出することができます。また、照明の必要性も減り、結果的に電気代の節約にもつながるのは、うれしいことですよね。風の通りもよいですから、カビなどの発生も抑えられ、特に梅雨時期などは衛生面でもよいです。

角部屋を確保するために

さて、このようにメリットが多く、住環境としては非常に恵まれた角部屋ですので、なかなか借りられないこともあります。好条件なだけに、借り手がすぐに見つかり、またなかなか借り手が手放さず、空きが出ないということにもつながります。こうした場合に備え、あらかじめ不動産屋に相談して、角部屋に空きが出たらすぐ連絡してもらえるようお願いしてもいいでしょう。そのためには、普段から懇意の不動産屋を探しておくと、頼りになります。

帯広市の賃貸マンションは、賃貸なので実際に住んでみて居心地が悪いと感じたらいつでも違う賃貸マンションなどに住み替えることができます。