女性の一人暮らしは危険がいっぱい?気を付けたいポイントとは

一人暮らしだと悟られないように心がける

女性の一人暮らし、特に賃貸では、防犯上気をつけなくてはいけないことが沢山あります。ついつい実家暮らしの感覚で、鍵を開けっ放しにしてたりとか、洗濯物を気軽に外に干してしまいますと、何時どんなトラブルに巻き込まれてしまうか解りません。ですので、出来る限り、女性が一人で暮らしているというのを、周りに悟られないように気をつけましょう。そのためには、洗濯物は出来る限り室内に干すことをおすすめ致します。住んでいる階数が上だからと言いましても、安心は出来ませんよ。

カーテンを必ず用意する事

また、引越しをしたら必ず窓にカーテンをして、外から中が見えないように気をつけなくてはいけません。その際に用意するカーテンも、あまりにも可愛らしいデザインのものを用意してしまいますと、せっかくカーテンで中を見えないようにしているのに、女性が暮らしているというのが、簡単にバレてしまいます。ですので、柄は出来る限りシンプルにして、男性でも女性でも使っていそうなデザインのカーテンを購入する事をおすすめ致します。

引越しのご挨拶は、大家さんだけで大丈夫!

ご丁寧な人ですと、引越しをしたら上の階や下の階、隣人の人などにご挨拶をしなくてはいけないと思う人もいるでしょう。ですが、女性の一人暮らしの場合ですと、周囲のお部屋にご挨拶に行くのは、どうしても防犯上リスクがあるという事を覚えておきましょう。ですので、もしも同じマンションに大家さんが住んでいるのであれば、ご挨拶は大家さんだけで十分です。このように、女性の一人暮らしには、気をつけなくてはいけないことが沢山ありますので、賃貸暮らしを始める際には、心がけておきましょう。

賃貸の場合、引越しの度に物件の購入や売却といった手間が掛からないため、比較的手軽に住み替えを行うことができます。